レビュー

第二世代合体スマホ「Moto Z2 Play」開封レビュー

投稿日:

第二世代となる合体スマホ「Moto Z2 Play」を購入しましたので、開封レビューをお送りします。

パッケージ&同梱品

まずはパッケージを見てみましょう。
Moto Z2 Playのパッケージは赤色のひと際目立つデザインです。白や黒を基調としたシンプルなパッケージが多い中、Lenovoに買収されたとは言えMotorolaらしさがにじみ出ています。

また、横にスライドして中身を取り出すタイプとなっており、これもまた珍しいです。

同梱品はACアダプタ、USB Type-Cケーブル、イヤホン、SIMピン、その他保証書などの紙類です。

本体外観

続いて本体外観を見ていきます。

ディスプレイ下部にはナビゲーションキーとしても使える指紋認証センサーがあります。画面消灯時でも、指紋を登録した指を置くだけで瞬時にロックが解除され、画面も点灯します。

同上部には500万画素の広角85度のカメラが搭載されています。また、フラッシュライトも搭載されているため、自撮りにもいいかもいしれません。

続いて背面を見ていきます。

Moto Z2 Playのカラーバリエーションは、「ルナグレー」、「ファインゴールド」、「ニンバス」の3種類ですが、今回筆者が購入したのは、3つ目のニンバスです。
青みがかったシルバーは、他のスマートフォンにはない色合いで非常にクールです。

メインカメラにはF値1.7の明るいレンズと1200万画素のデュアルピクセルセンサーが採用されており、これまで光量不足で綺麗に撮影できなかったシーンでも綺麗に撮ることができ、且つ、フォーカスも瞬時に対象に合わせることができます。
しかし、(後述のMoto Modsを使用する前提とは言えども)このでっぱりは目立つととも、机などに置いた際、ガタつくのが気になります。

下部にはこちらも目立つ端子が確認できます。これは「Moto Mods」と呼ばれる拡張モジュール用の接続端子となっており、ズーム機能の付いたカメラやスピーカー、拡張バッテリなどのMoto Modsが現在までに用意されています。

右側面には、ボリュームボタンと電源ボタンがあります。電源ボタンの表面はギザギザに加工されており、触っただけでボリュームボタンと区別がつくため押し間違えは減るでしょう。

上部にはSIMスロット、microSDカードスロットがあります。Moto Z2 Playはnano SIMカードスロットを2個を備えており、4Gと3GのDSDSに対応しております。
また、DSDS対応機にありがちなmicroSDカードスロットとSIMカードスロットを共有ということはなく、2枚のSIMカードを挿しながらmicroSDカードも使えるという点は評価ポイントです。

下部にはUSB Type-C端子とイヤホンジャックがあります。Moto Z2 PlayはTurboPowerによる急速充電に対応しており、15分間の充電で8時間の使用が可能になります。

最後に

Motorolaのスマートフォンを購入したのは、ソフトバンクから発売された「RAZR M 201M」以来のためドキドキしました(※実際にはこの間にNexus 6を購入していますが、Nexusブランドということもあり除外)。
パッと見は金属ボディのいまどきのスマートフォンという印象ですが、Moto Modsのような一風変わったギミックはMotorolaらしさを感じられます。
しかし、筆者はまだMoto Modsを持っていないため何を買おうか悩んでいるところです。購入したらその辺も含めてレビューをお送りしたいと思います。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTAB×TAB公式をフォローしよう!

-レビュー
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

すべてに最高を求めると、タブレットはこうなる。-「GALAXY Tab S 10.5」開封レビュー

前回の「GALAXY Tab 8.4開封レビュー」に続き、今回は同時に購入したGALAXY Tab S 10.5の開封レビューをお送りします。 GALAXY Tab S 8.4と同10.5の違いは、製 …

VoLTEに対応した第2弾ガラホ「AQUOS K SHF32」開封レビュー

7月17日に発売された4G LTE ケータイ「ガラホ」第2弾「AQUOS K SHF32(以下、SHF32)」を遅ればせながら購入しました。 簡単ではありますが、開封レビューをお送りします。 外箱は白 …

ZenFone 3 ZE520KL開封レビュー

ASUSTeK Computers(以下、ASUS)製スマートフォン「ZenFone 3 ZE520KL(以下、ZenFone 3)」を入手したため開封レビューをお送りする。 まずは箱からチェックする …

「Acer Iconia Tab 8 W」で艦これはどこまで楽しめるのか【レビュー】

TABxTAB編集部よりお借りしている「Acer Iconia Tab 8 W」。 実売価格は2万円前後とお買い得な価格に設定された今注目の一枚ではありますが、前回のスペックレビューにて「メインメモリ …

HTC Conference Tokyo 2014〜タッチ&トライでわかったHTC J butterfly HTL23の魅力

いよいよ8月29日からKDDIで発売されることになったHTC J butterfly HTL23(以下、HTL23)。KDDIとHTCが開発するJシリーズのDNAを受け継ぐ最新モデルだ。 今回、8月1 …