ZenFone 3 ZE520KL開封レビュー

ASUSTeK Computers(以下、ASUS)製スマートフォン「ZenFone 3 ZE520KL(以下、ZenFone 3)」を入手したため開封レビューをお送りする。

まずは箱からチェックする。端末のデザインが描かれたこれまでのZenFoneシリーズと異なり、シンプルで上質なデザインに変更されている。

参考:両面に1,300万画素カメラとデュアルカラーLEDフラッシュを備えた自撮りスマホ「ZenFone Selfie ZD551KL」開封レビュー

箱は上蓋がすべて取れるタイプではなく、片方がつながっているクラムシェルタイプとなっている。このタイプの箱は非常に珍しい。
箱を開けるとZenFone 3の本体がまず顔を出す。

本体は後ほどチェックしていくとして、まずは付属品をチェックする。
付属品はイヤホンマイク、USB Type-Cケーブル、ACアダプター、SIMカードスロット取り出しピン、ユーザマニュアル、保証書 ほか小冊子だ。
他のSIMフリースマートフォント同様の内容である。

今回筆者が入手したのはパールホワイトで、ディスプレイの周囲も同じく白色になっており、やさしい印象を受けた。

ディスプレイ下部にタッチセンサー式のナビゲーションキーを備える。しかし、バックライトを備えておらず消灯した寝室などでは手探りするしかない。
ちなみにZenFone 3 Deluxeはナビゲーションキーにバックライトを備えているため、購入時の判断材料にしてほしい。

ZenFone 3は背面もガラスとなっており、ZenFone 2と比較して質感が格段に向上している。

上部には指紋センサーとカメラが備わっている。楽天モバイルで取り扱い中の「honor 8」もそうであるが、背面に指紋センサーがあると手に持ったとき、自然に触れるため使い勝手が非常によい。
ただ、カメラ部分の突起がデザイン性を損なっているように感じたため、次期モデルの課題ではないだろうか。

ZenFone 2にあったボリュームボタンは右側面、電源ボタンの上に移動している。

左側面にはSIMスロットのみとなっており、すっきりしている。

最近、「DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応」という言葉を耳にするかもしれないが、ZenFone 3も対応しており、4Gと3Gの同時待ち受けが可能である。
SIMはmicroSIMとnanoSIMに対応しており、nanoSIMスロットはmicroSDカードと兼用になっている点に注意が必要だ。

本体下部にはスピーカー、マイクとUSB Type-C端子が確認できる。

上部にはイヤホンジャックとマイクとなっている。
筆者はスマートフォンで音楽をよく聴くため、イヤホンジャックは本体下部のほうがうれしい。なぜならポケットから出したときに持ち替えなくてすむからだ。

ちなみに、パールホワイトもサファイアブラック同様、指紋センサーを中心に同心円が描かれており、ZenFoneシリーズのアイデンティティを引き継いでいることがわかる。

最近のSIMフリースマートフォンのトレンドを抑えつも、ZenFoneらしさを残すZenFone 3、ひとまずしばらく使用して良いところ、悪いところを後日紹介したいと思う。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTAB×TAB公式をフォローしよう!

この記事をシェアしますか?Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+