モニターが360度回転!フリップヒンジを採用した「ASUS Chromebook Flip C100PA」開封レビュー

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)製のChrome OS搭載ノートパソコン「Chromebook Flip」を購入しました。
購入先は米Amazon.comで、直接日本へ配送してくれます(アリガタヤー)。

簡単ではありますが、開封レビューをお送りします。

まずパッケージです。段ボールの茶色をそのまま活かしたシンプルながらもカッコいいデザインです。
パッケージにはASUSのスローガン「IN SEARCH OF INCREDIBLE」が入っています。

もちろん、左上にはChromebookのロゴとChromeのマークが入っています。

C100PA_01_01

同梱品はChromebook Flip本体とACアダプタ、ユーザーガイドなどの小冊子と必要最低限です。

C100PA_01_02

天板にはASUSのロゴはもちろん、こちらにもChromeのマークとChromebookのロゴが刻印されています。
過去にも数台Chromebookを購入してきましたが、すべて同じように天板にChromeのマークとChromebookのロゴが入っていました。何かしらライセンスで決まっているのでしょうか、気になるところです。

C100PA_01_03

アメリカかわざわざ輸入したのはいいものの肝心のアレが付いているか気になるところですが・・・
はい、背面に技適マークが入っていました。これで安心して国内で使用できます。
技適マークがあるということは国内でも販売予定があるのでしょうか。今後の動向に注目しておきたいですね。

C100PA_01_04

キーボードはいうまでもなくUS配列です。もちろん、日本語入力もできますが、US配列に慣れていない人は最初切り替えに戸惑うかもしれません。
筆者はUS配列キーボード派のため(最近はそうでもないです)、むしろUS配列でうれしいですね。

C100PA_01_07

左右には各種インターフェースが用意されていますが、意外と充実しています。
電源ボタンとボリュームボタンが横にあるのはタブレット形態で使用したときのことを考えてだと思いますが、通常のノートPCとして使う場合にはちょっと使いづらいかもしれません。

C100PA_01_05

C100PA_01_06

とりあえず、今回はここまで。この後編集部がおいしく・・・ではなく、例によって京都の某所に送付しました。
戻ってき次第使い勝手をレビューしたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTAB×TAB公式をフォローしよう!

この記事をシェアしますか?Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+