Amazon Kindle レビュー

高解像度になった新型「Kindle Paperwhite」を購入したので開封レビューをしてみた+α

投稿日:

6月30日に発売となったAmazonの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」の最新モデルを購入しました。

簡単ではありますが、開封レビューとプラスαとしてキャンペーン情報について触れたいと思います。

■まずは恒例の開封の儀

黒を基調としたパッケージですが、Kindle Paperwhite本体の一部がデカデカと描かれているのが特徴です。

kindlepw15_01_01

これをずらすとAmazonのロゴが入ったシンプルなデザインが顔を見せます。

kindlepw15_01_02

Amazonの段ボールの様にペリペリと開けるとKindle Paperwhite本体が顔を出します。

kindlepw15_01_03

同梱品は、Kindle Paperwhite本体、スタートガイド、microUSBケーブルです。ACアダプタは別売りなので注意が必要です。

kindlepw15_01_04

前面にはCarta電子ペーパー技術採用6インチPaperwhiteディスプレイ(解像度300ppi)を備えます。
電源ボタンを示す絵が描かれているのが見てとれますが、シールが貼ってあるかと思いきやディスプレイに表示されているんですね。素敵です。

kindlepw15_01_05

背面はマットな質感で手触りがいいです。カバーをつけるものいいでしょうが、このままでも十分という印象です。

kindlepw15_01_06

本体下部には電源ボタンとmicroUSB端子が確認出来ます。

kindlepw15_01_07

■キャンペーン情報は気になる?気にならない?

Kindle Paperwhiteは接続方法、モデルが異なる4バリエーション用意されています。
接続方法は「Wi-Fi」と「Wi-Fi+無料3G」の2種類で、それぞれ「キャンペーン情報つき」、「キャンペーン情報なし」の2種類のモデルが用意されています。

キャンペーン情報つきモデルでは、ロック画面およびホーム画面の下部にアクセサリやKidnle本に関するお得な情報が表示されるようになっています。いわゆる広告表示です。
広告表示と聞くとスマートフォンなどの広告が入ったアプリケーションを想像してしまい、猥褻な広告などあまりいいイメージがない方が多いのではないでしょうか。

それではKindle Paperwhiteのキャンペーン情報表示とはどのようなものか実際に見てみましょう。

まず、ロック画面ですが、画面全体にキャンペーン情報が表示されます。
大きいので一見うっとおしく感じてしまいそうですが、所詮ロック画面なので使用していないときに広告が表示されようとも筆者はさほど気になりませんでした。

kindlepw15_01_08

ホーム画面では、画面ほぼ下半分にキャンペーン情報が表示されます。
画面の専有面積が大きいとアイテムの表示が減るわけですからこれは非常に悩ましいところです。

kindlepw15_01_09

しかし、意外と「おっ?買ってみようかな」と思わせるキャンペーン情報が表示されるため、「Amazonうまいなぁ」というのが正直な感想です。
そういう意味ではキャンペーン情報は”気になる”と思います。

■プライム会員であれば10,280円から購入可能

Kindleシリーズの最上位モデル「Kindle Voyage」と同じ解像度になったことで、気になるのが価格です。
接続方法、キャンペーン情報の有無によって価格が異なってくるため、表にまとめてみました。

接続方法 キャンペーン情報 通常価格 プライム会員価格
Wi-Fi つき 14,280 10,280
Wi-Fi なし 16,280 12,280
Wi-Fi+無料3G つき 19,480 15,280
Wi-Fi+無料3G なし 21,480 17,280

3G通信が可能なモデルよりWi-Fiモデルの方が5,000円安く、さらにキャンペーン情報つきのモデルがなしのモデルより2,000円安くなっています。
また、プライム会員であればさらに4,000円安く購入できます。

つまりプライム会員であれば10,280円から最新のKindle Paperwhiteを購入できることになります。
プライム会員のメリットを感じたのも今回筆者がKindle Papwerwhiteを購入した理由の1つです。

電子書籍はスマートフォンやタブレットでも読むことができますが、スマートフォンの画面よりも大きく見やすく、かつ、タブレットよりも安価で持ち運びしやすい「Kindle Paperwhite」は通勤・通学の時間を有効活用できるデバイスですので、オススメです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTAB×TAB公式をフォローしよう!

-Amazon, Kindle, レビュー
-, , ,

執筆者:

関連記事

動画視聴は?艦これプレイは?「インテルはいってるタブレット2 Si02BF」を実際に使ってみた【レビュー】

前回までにインテルはいってるタブレット2(Si02BF)の外観や数値化できる部分での評価を行いましたが、実際の動作としてはどのくらいなのかに今回は迫っていきます。 7〜8インチタブレットの特性、または …

ハイパフォーマンスと美しさを兼ね備えた「Galaxy S6 edge SC-04G」を購入!早速開封してみた

4月23日発売のサムスン電子製スマートフォン「Galaxy S6 edge SC-04G(以下、SC-04G)」を購入しました。 簡単ではありますが、開封レビューを行いたいと思います。 まず購入して驚 …

コスパ最高のWindowsタブレット、ビックカメラの「インテルはいってるタブレット2」を購入したので開封レビュー

ビックカメラグループのオリジナル商品として発売になったばかり、スペック(後述)に対して破格の19,800円(税別)で大注目の「SiAL インテル はいってる タブレット2(Si02BF)」を早速購入い …

バンナイズ製「iPhone 6用Mポケット付きキャリングケース」レビュー

バンナイズ製の「iPhone 6用Mポケット付きキャリングケース」を購入しました。 バンナイズといえば、バッグからスマートフォンなどのキャリングケースなど幅広く手がけており、筆者も以前から愛用していま …

「ラブライブ!」デザインカバー&ケース付「ZenFone 5」開封レビュー

3月6日、NTTレゾナント株式会社は1月30日より予約受付を行っていたスクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!」デザインカバー&ケース付「ZenFone 5」の出荷を開始しました。 本日筆者 …