Android ASUS ZenFone レポート

性能怪獣「ZenFone 2」が日本にやってきた!「Experience 2morrow」を振り返る

投稿日:2015年4月20日 更新日:

4月20日、ASUS Japanは渋谷ヒカリエホールにて「Experience 2morrow」を開催しました。
その中でSIMフリースマートフォン「ZenFone 2」の日本市場投入を発表しました。

発表会を振り返り、そこから感じたASUSの戦略を解説していきます。

まず会場に入ると今回の発表会のタイトルである「Experience 2morrow」の文字がスクリーンに映し出されていました。

ZenFone2_01_01

プレゼンは、ASUSTeK Computerのジョニー・シー会長自らが行うという気合いの入りっぷりで、日本市場をどれだけ重視しているかということが伝わってきました。

ZenFone2_01_00

ZenFone2_01_02

そして、ティザー画像にもシルエットが写っていたイメージキャラクター「禅太郎」が登場しました。
会場からは大きなどよめき何気にスマートフォンへのオリジナルイメージキャラクターって世界的に見ても珍しいです(最近ではLG AKAがありますが)。

端末のアピール続きます(時にはiPhoneと比較しながら)。
64bitクアッドコアCPU、4GB RAMなどなど非常にハイスペックなスマートフォンであることがわかりました。

ZenFone2_01_03

ZenFone2_01_04

ZenFone2_01_05

しかし性能一本槍で攻めるかと思われた発表ですが、「キッズモード」や「簡単モード」「片手操作」「ユーザ切り替えによる複数人による管理」など、思いの外ソフトウェアカスタマイズの話にも重点を置いていました。

満を持しての価格発表ですが、これには会場からも驚きと納得の二面がありました。

モデル 価格(税抜)
4GBRAM/64GBストレージ 5万800円
4GBRAM/32GBストレージモデル 4万5800円
2GBRAM/32GBストレージモデル 3万5800円

プレゼンの後はタッチアンドトライの時間が設けられており、

実際に展示コーナーに向かうと、ソフトウェアカスタマイズを大々的に取り上げています。
むろん、ベンチマークや気合いの入れたカメラなども紹介されています。

ZenFone2_01_07

ZenFone2_01_08

性能は圧倒的とはいえ、前述の通り、海外での販売価格に比べると若干高い価格設定となっています(EXPANSYSなどで購入する場合送料などほかの費用が発生する点には注意が必要です)。
また、現在MVNO向けスマートフォンでは勢いがあり、家電販売店のランキングでも常に上位にいるASUS ZenFone 5ですが、理由は三万円以下にも関わらず、妥協を許さないハイスペックが理由かと思われます。
この後継機ZenFone 2はこの勢いを引き継ぐことができるのかここが注目ポイントです。

プレゼンの中でパートナーが紹介されていましたが、IIJ、楽天モバイルなどお馴染みのMVNO事業者だけでなく、先日ソフトバンクモバイルに吸収されたばかりのY!mobileの名前もあり、正直驚きました。

ZenFone2_01_06

発表会で見せたASUSの狙いは「妥協無きハイスペックと、きめ細かいソフトウェアカスタマイズ」と思われます
この一つの頂点が「キッズモード」です

ZenFone2_01_09

これは子供も使えるように、アプリ制限等細かく設定できるモードで、これ単体で「ジュニアスマートフォン」として売れそうなぐらいのクオリティです
今までのハイスペック思考のヘビーユーザーにも目を向けながら、子供向けとしても販売できる手の広さを持っています

これを生かすのが「SnapViewモード」です。
要はユーザー切り替えです。

ZenFone2_01_11

1台のスマートフォンを2人で共有、というのは子供が小さいと意外と多いものです。
大人が使っているスマートフォンをそのまま子供に渡すのはリスクが多すぎます。
このユーザー切り替えとキッズモードの組み合わせは、MVNO向けスマートフォンが今まで狙ってもなかったお母さん向けの層に訴えかけそうです。

今までになかったオリジナルイメージキャラクター禅太郎。そして子供向けのキッズモード、家族での共有が便利になるSnapViewモード・・・

展示会で感じた感想は「これMNOのスマートフォン需要を食うつもりだ」でした。
そう考えると、35,000円~50,000円の価格設定は極めて正常でしょう新しく開拓を狙ってる層はおそらく二年で割って月額維持費でお得かどうか判断する層です。

実は既にMVNOでもArrows M01やAQUOS SH-M01という同じコンセプトのスマートフォンは出ていますが、思ったようなユーザー取り込みは出来ていません。
また、ZenFone 2は防水ではないので、子供が小さいお母さん向けとしては中途半端です。

ASUSが満を侍して出したMVNO向けスマートフォンの大本命ZenFone 2、どのような評価が出るのか楽しみです。

ZenFone2_01_12

ZenFone 2は「ASUS ZenFone Shop」にて最上位モデルを除き予約受付中です。

【おまけ】
FZ-E1と比較するとZenFone 2ちっちゃくて、薄くて、軽いですね!!!

ZenFone2_01_10

[文・写真:すくすく。/編集:TAB×TAB編集部]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTAB×TAB公式をフォローしよう!

-Android, ASUS, ZenFone, レポート
-, , ,

執筆者:

関連記事

技適マークあり!?SIMフリー版「Xperia Z3 Tablet Compact」を購入してみた!

国内でも11月7日に発売されたソニーモバイルコミュニケーションズ製の8インチ液晶搭載タブレット「Xperia Z3 Tablet Compact」の海外モデルSGP621を購入しました。 購入は、Ex …

国内初となるSIMフリーXperiaスマートフォン「Xperia J1 Compact」の事前予約受付が開始!

本日3月27日より、日本国内では初となるSIMフリーXperiaスマートフォン「Xperia J1 Compact」の事前予約受付が開始になりました。 Xperia J1 Compactは4.3インチ …

ASUS Japan、ハイレゾ音源対応のイヤホン「ZenEar S」を販売開始

11月17日、ASUS Japanはハイレゾ音源に対応したイヤホン「ZenEar S」を販売開始した。 ヘッド部分はスピン加工が施されており、文字通り「Zen」ブランドを冠したイヤホンである。 また、 …

ZenFone 3 ZE520KL開封レビュー

ASUSTeK Computers(以下、ASUS)製スマートフォン「ZenFone 3 ZE520KL(以下、ZenFone 3)」を入手したため開封レビューをお送りする。 まずは箱からチェックする …

ASUS、新製品発表カウントダウンページを公開!4月20日に「ZenFone 2」を発表か!?

台湾・ASUSの日本法人、ASUS Japanの「新商品カウントダウンページ」が公開になっています。 まず目に入ってくるのが「拝啓、日本の皆様お待たせしました」というメッセージとともにスマートフォンと …