Android ARROWS NTTドコモ タブレット レビュー 富士通

「ARROWS Tab F-03G」をお借りしたので早速外観レビューをやってみた #NTTドコモ #タブレットアンバサダー

投稿日:2014年11月9日 更新日:

※当ブログはNTTドコモ タブレットアンバサダー「ARROWS Tab F-03G」モニター企画に参加しております。

11月8日(土)に発売されたばかりの富士通製タブレット「ARROWS Tab F-03G(以下、F-03G)」をお借りしました。
これから1ヶ月間、数回に分けてレビューをお送りさせて頂きます。

F-03G_01_00

さて、まずは初回はお馴染みの外観レビューをさせて頂きます。

■基本デザインは前モデルを踏襲しつつも軽量化

パッと見は前モデル「ARRWS Tab F-02F(以下、F-02F)」を踏襲しているように感じましたが、持ってみてかなり軽量されていることが分かりました。
F-02Fが約519gに対して、F-03Gは約433gと約86gも軽くなっています。

カラーバリエーションはF-02F同様ホワイト一色です。

F-03G_01_01

F-02Fとの大きな違いはF-02Fがマットな感じであったのに対し、F-03Gは凸凹テクスチャーになっています。
いわゆるカーボンファイバー調で、質感もあがっています。

F-03G_01_02

背面にはFeliCaマークがありますが、トルカのみの対応となっており、おサイフケータイは利用できません。
もちろん、NFCには対応しています。

F-03G_01_03

本体右側面にはmicroSDカードスロット兼UIMカードスロットが備え付けられています。
F-03Fは最大で128GBのmicroSDXCカードに対応しています。
ちなみに対応しているドコモUIMカードのサイズは、nanoサイズとなっております。

F-03G_01_04

左側面にはキャップレス防水のイヤホンジャックとmicroUSB端子が確認できます。

F-03G_01_05

上記のmicroUSB端子から直接充電することもできますが、せっかくの防水端末ですので、キャップの開け閉めはあまり好ましくありません。
そのため、専用の卓上ホルダー(後述)が付属しています。

卓上ホルダーを使用する際の端子は本体底面にあります。

F-03G_01_06

F-03Fはワンセグやフルセグ(地デジ)に対応していますが、アンテナは外付けではなく、ホイップ式のアンテナを内蔵しています。

F-03G_01_07

また、日本メーカーらしくタブレットには珍しいストラップホールが取り付けられています。

F-03G_01_09

アウトカメラは、約810万画素のものが搭載されており、フラッシュはついておりません。

F-03G_01_08

ボタン系は、左側面にボリュームボタン、上面に電源ボタン兼画面点灯消灯ボタンがあります。

F-03G_01_10

F-03G_01_11

続いて前面を見て行きましょう。

前面を見てすぐ目に入るのが左右のスピーカーです。
もちろん、ステレオスピーカーですが、それだけでなく、Dolby Digital Plusに対応しているため、映画などを迫力のあるサウンドで楽しむことができます。

F-03G_01_12

ディスプレイ右横には、指紋センサーを備えた画面点灯消灯ボタンがあります。
F-03Fはマルチユーザーに対応しているのですが、指紋認証で各ユーザーの切り替えが可能となっております。

F-03G_01_13

前面上部には約240万画素のインカメラと照度センサーが確認できます。

F-03G_01_14

「docomo Xi」ロゴは左上部に刻印されています。

F-03G_01_15

■シンプルながらも便利な卓上ホルダーが付属

F-03Fには充電機能が付いた卓上ホルダーが付属しています。

F-03G_01_16

接点部分はこんな感じです。

F-03G_01_17

注目したいのは背面です。

充電機能がついているので、microUSB端子があるのは当然ですが、その左にテレビアンテナケーブル(別売)を接続するための端子があります。
自宅のアンテナと接続することで、より安定してフルセグの視聴が可能となります。

F-03G_01_18

卓上ホルダーにF-03Fを載せてみるとこんな感じです。
卓上ホルダーの縁が邪魔してホームボタンなどが押しにくいということもなさそうです。

F-03G_01_19

■有機ELディスプレイを採用し、高い色再現性と高視野角を実現

F-03Fのハードウェアで大きな変更点はディスプレイが液晶から有機ELに変更になったことではないでしょうか。

200万:1の高コントラストや高視野角により視認性が液晶ディスプレイのF-02Fより向上しています。
特に視野角の広さは家族でタブレットを囲んで動画などを見る際に恩恵を受けそうです。

F-03G_01_20

また、解像度はWQXGA(2560×1600ピクセル)と非常に高く、文字のギザギザ感もなく非常に見やすいです。

F-03G_01_21

次回はセットアップ編と題して、家族で使う上でのセットアップのポイントをレビューしたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTAB×TAB公式をフォローしよう!

-Android, ARROWS, NTTドコモ, タブレット, レビュー, 富士通
-, , , ,

執筆者:

関連記事

GALAXY S5レビュー〜カメラ性能をXperia Z2と比較してみた #GALAXYアンバサダー #GALAXYモニター

GALAXY Note Edgeの先行展示で一人で勝手に盛り上がっている筆者です。 さて、遅くなってしまいましたが、GALAXY S5レビューも最後になります。 最後はいろいろネタを考えたのですが、オ …

NTTドコモ「AQUOS ZETA SH-03G」を5月28日に発売。オンラインショップにて事前購入手続きを5月26日より開始

NTTドコモはシャープ製スマートフォン「AQUOS ZETA SH-03G(以下、SH-03G)」を5月28日に発売すると発表しました。 それに合わせてドコモオンラインショップでは5月26日午前10時 …

防水防塵対応のauオリジナルタブレット「Qua tab 01」フォトレビュー【au2015夏モデル】

本日5月14日、KDDIは2015年夏モデルとして「Qua tab 01(以下、Qua tab)」を発表しました。 Qua tabはauオリジナルの8インチタブレットで、製造は京セラが行っています。 …

GALAXYのある生活〜GALAXY S5レビュー 「Samsung Link」を使ってみた #GALAXYアンバサダー #GALAXYモニター

予告編でお伝えしたように、単純にGALAXY S5のレビューをしても面白くないので、手持ちのGALAXY Tab Sとの連携について今後数回に分けてレビューしていきたいと思います。 まず今回は、「Sa …

コスパ最高のWindowsタブレット、ビックカメラの「インテルはいってるタブレット2」を購入したので開封レビュー

ビックカメラグループのオリジナル商品として発売になったばかり、スペック(後述)に対して破格の19,800円(税別)で大注目の「SiAL インテル はいってる タブレット2(Si02BF)」を早速購入い …