Android KDDI NTTドコモ SoftBank Xperia タブレット レポート

「Xperia Z3、Z3 Compactグローバルモデル タッチ&トライ」に参加してきました #Xperiaアンバサダー

投稿日:

10月2日に開催された「Xperia Z3、Z3 Compactグローバルモデル タッチ&トライ」アンバサダーミーティングのイベントに参加してきました。

今回のイベントはブロガー、ソーシャルメディアのユーザー合わせて100人ほどが参加し、会場は渋谷にある東急ヒカリエ9階にあるヒカリエホールにて行われました。

今回、会場内の準備の関係で約30分ほど遅れて受付が始まりました。
受付を行う際、名札とお水、そして軽食が配布され会場内の席に案内されました。
案内された各席にはXperiaZ3、Z3Compactのパンフレットが準備されておりました。

今回の軽食はサンドイッチ。美味しくいただきました。

xperia_141002_01

各キャリアのパンフレットが準備されていました。
話題のSoftBank版Z3のパンフレットもしっかりと用意されていました。

xperia_141002_02

参加者全員には、光るUSBケーブルが配布されました。

xperia_141002_03

軽食をいただきつつ、開始時間まで頂いたパンフレット等を読んだり、展示されている製品を見たしました。

まず、今回の主役、「Xperia Z3」と「Xperia Z3 Compact」です。
カラーバリエーション豊富で選ぶ楽しみが増えます。

xperia_141002_04

次に、同時に展示されていた「Xperia Z3 Tablet Compact」、こちらは片手でギリギリつかめる8インチクラスのタブレット端末です。

xperia_141002_05

現在販売されているSmartWatch2の後続機となるデバイス「SmartWatch 3」です。
現状のSmartWatch2に比べ見た目もスタイリッシュな形となっている上に、OSもAndroidベースのものからAndroid Wearに変わりました。

xperia_141002_06

電子ペーパーを使用した新しいウェアラブルデバイス「SmartBand Talk SWR30」は、液晶のモデルに比べとても軽く本体も小さめながら高機能なデバイスです。

xperia_141002_07

全員の受付が終わり落ち着いたところでプレゼンテーションが開始されました。

今回は各開発担当の方々が一人ずつ前に立ち、XperiaZ3、Z3Compactに関するプレゼンテーションが行われました。

xperia_141002_08

メタルフレーム等を採用したXperia Z3は、とても美しいデザインとなっています。

xperia_141002_09

走りながら写真をとってもブレることなく撮影ができるというインテリジェントアクティブモードは、実際に走りながらとった写真を使用しプレゼンが行われました。

xperia_141002_10

プレゼンテーションが終了後、隣のタッチ&トライスペースに案内していただき、約30分ほどの端末を自由に使用することが出来ました。

xperia_141002_11

4色のカラーにて展開されるXperia Z3は、お馴染みのパープルを外し、シルバーグリーン、カッパー(銅)を採用しています。
そのため、全体的に落ち着いたカラーバリエーションという印象が強かったです。

xperia_141002_12

SoftBank初のXperiaとなった「Xperia Z3」の本体デザインは、グローバルモデルと同様のデザインとなっており、SONY好きにはたまらない1台ではないでしょうか。

xperia_141002_13

xperia_141002_14

プリインストールアプリもMy SoftBank等、必要最低限というレベルでした。

xperia_141002_15

Xperia Z3同様、4色のカラーにて展開されるXperia Z3 Compactは、どの色も大変個性的で美しいカラーとなっています。
ちなみに、筆者のおすすめは、オレンジです。

xperia_141002_17

iPhone 5sとサイズを比較してみました。
4.6インチと画面サイズはiPhone 6に近いですが、サイズはiPhone 5sとほぼ同じ大きさで握りやすく、片手でも使いやすかったです。

xperia_141002_16

xperia_141002_18

Xperia Z3とXperia Z3 Compactを並べてみると後者のコンパクトさが際立ちます。

xperia_141002_19

今回のXperiaファミリーは、同じくソニーグループのゲーム機「PS4」と連動させてゲームをプレイすることができます。
デモではXperia Z3 Tablet CompactをPS4と同一の無線LANネットワークに接続し、連動させてゲームをプレイしていました。

無線LANネットワークの状態にもよります、自宅内では余程のことがない限りPS4とXperia間にほとんどラグはなく快適なプレイを楽しむことができそうです。

xperia_141002_20

今回のアンバサダーイベントでは最新端末であるXperia Z3、Z3Compactをはじめ、各端末の魅力的な機能や美しいデザインについて詳しくご説明をいただくことが出来ました。

今回は人数が多くあまりゆっくりと触れることができなかったのが少々残念でしたが、質問等には各担当の方々から丁寧な回答がいただけ大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。

また機会がありましたらぜひ参加させていただきたいと思います。

[文・小鳥遊洸/編集・TAB×TAB編集部]

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTAB×TAB公式をフォローしよう!

-Android, KDDI, NTTドコモ, SoftBank, Xperia, タブレット, レポート
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

Xperia Z3 SO-01Gの価格は一括86,832円!機種変更の実質負担額は49,248円と割高に。

国内大手3キャリアから取扱いが決まっているXperia Z3ですが、ドコモ版となるSO-01Gの価格が近所のドコモショップに掲示されていました。 頭金5,400円が含まれているため、それを除いた価格は …

ソニー、「Xperia Z4 Tablet Wi-Fiモデル」を6月19日発売!従来の長期保証が適用できない点に注意!

ソニーは10.1型Androidタブレット「Xperia Z4 Tablet SGP712JP(Wi-Fiモデル)」を6月19日に発売すると発表しました。 ※写真はKDDI版であるSOT31 既報の通 …

QTNet、BBIQスマホのラインナップに「Moto Z Play」を追加。「Moto Mods」各種の取り扱いも開始。

11月2日、福岡県福岡市に本社を置く九州通信ネットワーク(以下、QTNet)は、同社のMVNO事業であるBBIQスマホにてMotorola Mobility(以下、Motorola)製スマートフォン「 …

ポストNexus 7な7インチタブレット「ASUS MeMO Pad 7 ME572C」を購入したので簡単に開封レビューをしてみた

スマートフォンの大型と約8インチ(7.9インチ)のiPad miniが登場したことで、ここ1、2年は8インチクラスのタブレット市場が賑わってきました。 しかし、その一方でNexus 7に代表される7イ …

レノボジャパン、8月17日までお盆セールを開催!ThinkPad 8は64bit/メモリ4GB搭載モデルが5万円台前半に!

レノボジャパンは、本日8月14日よりお盆セールと題したセールを開始しました。 お盆セールでは、8.3型ディスプレイを搭載したWindowsタブレット「ThinkPad 8」の64bit/メモリ4GB搭 …