Apple iPhone 特集

【特集】iPhone 6/6 Plus、Apple Watch買う?買わない?TAB×TABライター陣に聞いてみた

投稿日:

既報の通り、米Appleは新型iPhoneとなるiPhone 6とiPhone 6 Plus、そして、時計型デバイスとなるApple Watchを発表しました。

さて、当ブログメディアTAB×TABのライター陣はこれらの新製品を買うのでしょうか?

iphone6_cover

■モバイルプリンスの場合

どうも、モバイルプリンスです。今回のAppleの発表ですが、「事前に信ぴょう性の高いリークが続いていたから、眠って朝チェックするか」というモチベーションでした。しかし、最初の数分をうっかり見てしまったら、結局最後まで見てしまいました。見たくもないのに、チラっと見てしまい興奮する。悲しい男の性ですね。はい。

「iPhone 6/6 Plus、Apple Watch買う?買わない?」というテーマですが、結論から言いますと「今は買わない」というテンションです。

というのも、発売日に9万円前後で購入しても、数ヶ月後に0円になる可能性があるからです。
iPhoneは初期の頃こそ「最初から実質価格が安い分、中々値下げされない」という絶妙な設定で、発売してすぐに買っておりました。
しかし、auが取扱を開始したiPhone 4sの頃から競争が激化し、「しばらく待てばかなり安くなる」というセオリーが生まれ、docomoが取扱を開始したiPhone 5s/5cに至っては、発売から3ヶ月で0円で販売され、定価で購入した僕は言葉を失いました。

携帯業界もこの数ヶ月は大分健全になり、一時の様な酷い値引き合戦を見かける機会も減りましたので、「必ず数ヶ月で安くなるという」ことではないのですが、私の様に辟易とされた方も多いのではないでしょうか。

なので、金額の推移や機種の評判を見守りながら、様子を見て購入を決めたいと思います。

(あ、iPhoneそのものについて全く触れていなかった…)

ちなみに今回のiPhoneで一番感心したポイントはLTEの対応周波数の多さ。日本で発売されるiPhone(A1586、A1524)に関しては実に20の周波数に対応。しかもFDD-LTEに加えTD-LTEにも対応しているので、まさに周波数の幕の内弁当です。

SIMフリー版の場合、docomo、au、SoftBankの殆どのLTE/TD-LTEの周波数を掴むので、色んな会社の格安SIMを入れ替えて安くで使う、なども楽しめそうです。

■甲斐“KSGK”寿憲の場合

ITライターの甲斐“KSGK”寿憲です。

さて、いよいよベールを脱いだiPhone 6と6 Plus、そしてApple Watch。
ほぼウェブで流れたリーク通りの情報でした。

私的な見解を言わせていただくと、iPhone 6、iPhone 6 Plusについて、私はイノベーションを感じませんでした。Appleの製品にいつも感じていた新鮮な驚きが今回のiPhoneシリーズには乏しかったと思っています。
4.7インチ、5.5インチのディスプレイサイズはAndroidスマートフォンの後追い感がありますし、NFC搭載も同じくです。それほど驚く機能が搭載されたと思えず、今のところ、私の購買意欲はそそられなかった感じです。

applewatch_front

Apple Watchに関しては、さすがAppleという感じでしょうか。他のスマートウォッチ製品に比べ群を抜いていると思います。表面にサファイアガラス(一部除く)を採用し、iTunesやApple TVのリモコン操作なども可能と他社製品ではできない機能も搭載されています。

デザインにはデザイン界の大御所、マーク・ニューソンが参加していると噂されています。マーク・ニューソンといえば、日本では携帯電話の「talby」、デジカメ「K-01」、MP3プレーヤー「SN-A800」のデザイナーとして有名です。プロダクト面でWatchの方はさすがという感じです。
Apple Watchの方は私は購入を検討したいと思っています。

■Makoの場合

いつもTAB×TABをご覧いただきありがとうございます。管理人のMakoです。

さて、発表されて間もないiPhone 6/6 Plus、そしてApple Watchですが、結論から述べますと、「iPhone 6 Plusを買う」です。

3GSからiPhoneを使い続けている筆者ですが、ここ1、2年は画面サイズが小さいことがネックとなり、Androidスマートフォンを多用していました。
今回のiPhone 6は、4.7インチと待望の大画面化を果たしましたが、昨今のAndroidスマートフォンの出来を考えると、再びiPhoneをメインにする必要性を感じないというのが本音です。

しかし、音楽の購入しやすさなどiPhoneを取り巻くAppleならではのユーザ体験を捨てる事は出来ないので、巷では「大きすぎる」と言われているiPhone 6 Plusも「サブ機」としてならどうだろうかと思い、購入を思い立った次第です。

Appleのファブレット「iPhone 6 Plus」、発売が非常に楽しみです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTAB×TAB公式をフォローしよう!

-Apple, iPhone, 特集
-, , ,

執筆者:

関連記事

「iPad mini 4 Wi-Fi+Cellular」開封レビュー

先日発売された米Apple社の「iPad mini 4」を購入しました。 簡単ではありますが、開封レビューをお送りします。 今回筆者が購入したのはWi-Fi+Cellularの64GB、シルバーです。 …

【特集】HTCブロガーイベントに参加!「Desire EYE」と「Desire 626」の魅力とは?

10月1日、東京都内で行われたHTC NIPPONによる新機種発表のブロガーイベントに参加してきました。 今回HTC NIPPONがSIMフリー端末「HTC Desire EYE(以下、Desire …

バンナイズ製「iPhone 6用Mポケット付きキャリングケース」レビュー

バンナイズ製の「iPhone 6用Mポケット付きキャリングケース」を購入しました。 バンナイズといえば、バッグからスマートフォンなどのキャリングケースなど幅広く手がけており、筆者も以前から愛用していま …

KDDI2014年夏モデルスマートフォン&タブレット簡単ひとことレビュー

5月8日に発表会が行われ、順次新機種が発売となっているauブランドを展開するKDDIですが、「au FUKUOKA」にも実機のホットモックが展示されていたので、前回同様簡単にレビューしたいと思います。 …

【NEWS】Apple、大画面・2ラインナップ構成の新型「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を発表、9月19日(金)から発売。「Apple Watch」も

Appleは本日、同社のスマートフォンシリーズの新型「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を発表しました。これまでの3.5インチ(〜iPhone 4S)→4インチ(iPhone 5・5s) …