OPPO

2Kディスプレイを搭載したOPPO Find 7が到着!さっそく開封してみた!

投稿日:2014年7月9日 更新日:

7月上旬に発売となった中国の新興メーカーOPPOのフラグシップモデル「OPPO Find 7」が到着しました。

先方の在庫確保間違いにより注文時のホワイトではなく、アストロブラックになってしまいましたが、凝ったデザインという点では結果オーライと言えると思います(外観レビューは後日掲載予定です。)。
また、お詫びとしてSanDisk製のmicroSDXCカード 32GBと純正のフリップカバーケースを付属してくださったので、寧ろありがたく思いました。

さて、前置きはこれぐらいにしておき、早速開封していきましょう。

まず、化粧箱ですが、黒を基調としたシンプル且つシックなデザインです。
形状は最近のHTCの化粧箱を彷彿させます。

この化粧箱ですが、一般的には紙が使用されていることが多いのに対し、プラスチック素材を使っているようです。

OPPO_Find_7_01_01

化粧箱の上蓋を開けると、OPPO Find 7が顔を出します。

開いた右側のスペースには端末をサイドから見た絵とFind 7の文字が入っています。

OPPO_Find_7_01_02

端末の下には、黒い紙で包まれた謎の物体とACアダプタ、microUSBケーブル、イヤホン、イヤーピースが入っています。

OPPO_Find_7_01_03

充電ケーブル、他microUSBケーブル等は白色で統一されています。
できれば、端末の色と合わせてアストロブラックは黒色の物を同梱して欲しかったです。

写真を見ていただくとわかると思いますが、充電ケーブルの端子が日本国内のものと異なるため、そのままでは使用することが出来ません。
海外からよく輸入されている方は、変換アダプタをお持ちだと思うので問題無いと思いますが、この点には注意が必要です。

OPPO_Find_7_01_04

OPPO_Find_7_01_05

さて、先ほどの黒い紙で包まれた謎の物体ですが、これを開けてみることにします。

OPPO_Find_7_01_06

なんと、中にはクイックスタートガイドだけでなく、バッテリーが入っていました。
持った時に重みを感じたのですが、まさかバッテリーだとは思いませんでした。

OPPO_Find_7_01_07

簡単ではありますが、以上が開封レビューになります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTAB×TAB公式をフォローしよう!

-OPPO
-,

執筆者:

関連記事

OPPO Find 7の予約受付が開始!さっそく予約してみた!

中国の新興メーカーOPPOのフラグシップモデルOPPO Find 7の予約受付を開始しました。 OPPO Find 7は発売中のOPPO Find 7aの上位モデルで、2K(1440×256 …