Kindle Fire タブレット

使ってわかった「Kindle Fire HDもイイじゃない。自由なんだから」(石●純一風)

投稿日:

祝TAB×TAB初登場の甲斐“KSGK”寿憲です。
「地方ネタのおまえがTAB×TABになんの用だよ!」などと言いっこなしでお願いします。
実は、Amazonの第2世代Kindle Fire HD(以下、Kindle Fire HD)を手に入れました。なので登場しちゃったワケなのです。

kfh_01_01

BIGLOBEのWiMAX回線契約のオマケでいただいたKindle Fire HD。正直、Kindleシリーズは毛嫌いしていたところがあります。「Amazon独自のUIだしぃ」、「カメラないしぃ」、「デュアルコアだしぃ」と思っていたのです。ですが、使い出すと「あらら、コレ意外に良いじゃない」と思ってしまった次第です。
タブレットとしては不快にならない最低限のスペックです。しかし、ある程度割り切れば、これでも十分のスペックなのだと。
そこで同じようにKindle Fire HDを手に入れた方むけに、快適につきあうコツをご紹介してみたいと思います。

●割りきって使うとイイのだ

昨今の新端末と比べればあきらかに低スペックのKindle Fire HDとKindle Fire HDXです。いろいろと楽しいことをするのにも制約と限界があります。
まずGoogle Playは対応してません。Amazonのアプリストアを利用します。これがメリット、デメリットございまして、例えば毎日1本有料アプリが無料で提供されたりするうれしいこともあったりするのですが、その対価ともうしますか、AmazonのアプリストアはGoogle Playで人気のアプリがなかったりもします。
しかしまあ、本来は電子書籍用端末なので、これはこれで良いのかなと割り切ることが大事です。人間何事も発送の転換です。

●見た目が全然違ってイイのだ

AmazonのKindle FireシリーズはAndroid OSをカスタマイズした独自のFire OS 3.0 「Mojito」が搭載されています。よってAndroidタブレットでありながら、ホーム画面も操作性もまったく違います。
Fire OS 3.0の特徴として、クラウドサービスを利用しやすいインターフェースがあげられます。インスタントクラウド保存で、端末内ストレージを効率よく管理。しばらく使っていないコンテンツを自動的に特定し、1タップで簡単にクラウドに移動させることができます。これって地味に嬉しい機能だったりします。

kfh_01_02

●ブラウザでイイのだ

YoutubeやFacebook、TwitterなどのWebサービスは通常のタブレットではアプリをインストールして利用しているのではないでしょうか。
ですが、Kindle Fire HDのような低スペック・低価格タブレットであれば、それは我慢してあえてブラウザで使うことをおすすめします。
要はマルチタスクをできるだけ使わないよう、ブラウザをできるだけ活用したほうが快適なパフォーマンスを維持できるからなのです。低スペックタブレットならでわのコツというべきでしょう。

●カメラなど不要でイイのだ

Wi-Fi専用である格安タブレットなら、スマホとの2台持ちということになるでしょう。なのでカメラは高性能なスマホにおまかせしてしまいましょう。
カメラなしのタブレットなら電車に乗って利用しても、隠し撮りの疑いはないので一石二鳥です。

kfh_01_03

●Officeは見れるだけでイイのだ

格安タブレットに仕事用途を求めてはいけません。低スペック故にそれはコクというものです。
ただし、閲覧程度のことはこなしてくれます。「Kingsoft Office」や「Docs To Go」といったOffice系のアプリはインストールしときましょう。

●しかしながらiPadとは違うのだ

そんな何でも「YOU!諦めちゃいな」的なKindle Fire HDですが、使っていると意外に「あ!Amazonのタブレット!」と人気者になります。そう、普及しているiPad miniより目立つのです。しかもAmazonのネームバリューを馬鹿にしてはいけません。ある意味、破壊力を持ってます。そうですね、ミーハーですね、私。それは否めません。

kfh_01_04

このようにKindle Fire HDは、ある程度用途を限定してライトユースで使うのには、何ら問題のないタブレット端末と言えます。ライトユースですから、何でもはできません。そこが逆に愛おしくなるダメな子なのです。
そう、「これでイイのだ!」

◯ Amazon Kindle Fire HDスペック
・液晶サイズ:7インチ
・解像度:1280 x 800 (216ppi)
・プロセッサー:デュアルコア1.5GHz
・RAM:1GB
・内部ストレージ:8/16GB
・オーディオ:Dolbyオーディオ デュアルステレオスピーカー
・カメラ:前面、背面ともになし
・サイズ:191 x 128 x 10.6mm
・重量:345g
・実勢価格:¥16,280

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTAB×TAB公式をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
甲斐 寿憲
週刊アスキー、ITmedia、livedoorニュースなどでもお馴染みの地方ネタ系ITライター。週アスPLUSでは「レトロデジモノハンター」も好評連載中!

-Kindle Fire, タブレット
-, ,

執筆者:

関連記事

Androidタブと相性抜群のThinkPad Tablet2用キーボードレビュー!!

@mobileprince_PRです。 LenovoのWindowsを搭載したタブレット「ThinkPad Tablet2」用のBluetoothキーボードがAndroidタブレットでも使える上に、相 …

「Xperia Z3、Z3 Compactグローバルモデル タッチ&トライ」に参加してきました #Xperiaアンバサダー

10月2日に開催された「Xperia Z3、Z3 Compactグローバルモデル タッチ&トライ」アンバサダーミーティングのイベントに参加してきました。 今回のイベントはブロガー、ソーシャルメディアの …

【ドコモ2015夏モデル】「Xperia Z4 Tablet SO-05G」フォトレビュー

本日5月13日、NTTドコモは2015年夏モデルとして「Xperia Z4 Tablet SO-05G(以下、SO-05G)」を発表しました。 簡単ではありますが、外観フォトレビューをお送りします。 …

技適マークあり!?SIMフリー版「Xperia Z3 Tablet Compact」を購入してみた!

国内でも11月7日に発売されたソニーモバイルコミュニケーションズ製の8インチ液晶搭載タブレット「Xperia Z3 Tablet Compact」の海外モデルSGP621を購入しました。 購入は、Ex …

まるでクラッチバッグ!上品な7インチタブレット「ZenPad 7.0 Z370C」開封レビュー

本日8月21日、ASUS JAPANは「ZenPad S 8.0」を除くZenPadシリーズ各種を発売しました。 そのうち筆者は7インチモデルの「ZenPad 7.0 Z370C(以下、ZenPad …